24時間私であり、母であり、それが仕事になり、楽しみで天職であるような生活をしていくということ




仕事と余暇のバランスではなく、24時間、私=母=仕事=楽しみであること

よく巷で、ライフバランスということで、仕事と子育てのバランスとか、仕事と余暇のバランスなどと言われています。

理想論かもしれませんが、できたら、24時間、いつも自分であり、母であり、それが仕事になり、楽しみでもあり、天職になっていればと考えるのです。

寝ていても、起きていても、私であることが、仕事になっているように、仕事ができたらいいなあと考えています。

なんでも、境界線、ボーダーを作るから、やりにくくなるのではないかと思うことがよくあります。

世界の国々も、国境というものがあるから、パスポートもビザも必要なわけです。

ボーダーがなければ、いろいろな国をビザなしで、行き来できるわけです。

また、家の中の家具の配置や部屋の間取りにしても、個室を作り、この部屋は、誰のものという、決定をしてしまうと、使いづらいものです。

誰でも、リビングのデスクを使用でき、どこでも移動可能という状態ならば、いろいろなことができ、たくさんの空間を使うことができるのです。

境界線、ボーダーをなくしてみる・・

私、母、仕事、楽しみ、これらの境界線をとりのぞきたいのです。

24時間、寝ていても、起きていても私、母であることが、仕事になっていくことへの試み・・

母であるので、家事や雑事もしなければいけないけれど、これさえも、自分の仕事につながっていく喜び・・・

時間に自分が支配されない自由感、自分が時間をコントロール、そして、オーガナイズできること・・・

このような感覚になったときはじめて、仕事にも力が入り、能力を十分に発揮でき、進んでいけるのではないでしょうか・・・

時間に支配されないこと、時間が大切で、今この時を生きることが大切

将来のために、今を犠牲にして、こつこつと貯蓄している方というのをよく見かけます。

貯蓄しても、将来、それがどうなるかわかりません。

それより、今を生きる・・時間が大切です。今、しっかりしておけば、将来に必ず、つながるのです。

今を犠牲にして、将来に投資してはいけないと思うのです。

今、この瞬間を大切にすることです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA