白湯(さゆ)からはじまる毎日で、その日が豊かになること。白湯はアーユルヴェーダでも推奨されている飲み物です。




1日は、白湯(さゆ)からはじまります。

水からお湯を沸かし、ボコボコと少し5~10分沸騰させます。

朝、起床してから、空腹のところに、白湯(さゆ)を飲むことで、身体全体に温かさが染み渡るような気がします。

アーユルヴェーダ(インド伝統医学)でも推奨されているのかな・・

自然界は、「水」と「火」と「風」でできている。

水を火で沸かして、沸騰させる(風)を入れる・・という白湯(さゆ)は、バランスが取れていると言われます。

白湯(さゆ)も飲み慣れてくると、ほんのり甘く感じられます。

2年ほど前は、コーヒー党でした。コーヒーにチョコレートというこの組み合わせに、ずっと惹かれていました。なんと幸せなんだろうと・・・

チョコレートも中毒状態でした。しかし、今では、やるとなったら、やめることができるものです。

コーヒーとチョコレート時代より、白湯(さゆ)時代の方がずっと、心が平和じゃないかしら?? 豊かじゃないかしら??

コーヒーとチョコレート時代は、多少、戦闘モードだった気がする・・

白湯(さゆ)を甘いと感じられたり、ほっこりしたり、なんと簡素で素敵なんでしょう。

たかが白湯(さゆ)、されど白湯(さゆ)・・・侮るなかれ・・

シンプルなことこそ、とても大切で、今、見直さなければいけないこと。

手を加えずに、簡単なことに、非常に良いことが隠れている・・

寒い朝にちょどいい、白湯(さゆ)です。

白湯(さゆ)からはじまる平和な毎日。豊かな毎日。

ずっと、この習慣は続けて行こうと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA