子供が少しずつ自立して手が離れていく喜びとちょっぴりの悲しみ




子供は、15歳で自立しますね・・

我が家のおぼっちゃま、息子は、一人っ子のため、自然と小さい頃から甘えん坊でした。

幼稚園の先生からも、一言目が、かなりのあまえんぼうさんで・・といわれ・・

親は別に甘くしたり、過保護であるとは思いませんが、自然にしているとそうなるという・・・まあ、一人っ子を満喫、つまりは、プリンスなわけです。(結構、厳しくもしているはずなんだけれど・・)

どこへ行くのもいつも一緒、ほとんど離れたことがなく、半径2メートル範囲にはいつもいるという・・・

また、乳児期でも、母乳をほぼ、2年位飲んでいましたし、(普通は、1年くらいなのかな??)、ハイハイを長期間しつづけて、歩きはじめたのが、1年3か月目、おむつがとれたのが、3歳以降という・・・

一般的な時期より、ずっと遅くまでやりつづけているので、よちよち歩きで親がサポートして大変とか、おむつがなかなかとれなくて・・とかのザワザワもなく、息子がやりたいと思うまで、どうぞ~という感じで、呑気に過ごしてきました。

息子が自主的に1人で出かけたりするのも、待っていましたので、13歳くらいまでは、いつもどこへ行くのも一緒でしたが、14歳くらいからかな・・

自分ひとりで、友達の所へ出掛けたり、1人で行ってくると言うようになりました。

親といることに満足して、満ち足りたので、自分でやりたいと思うようになったのですね・・・

そして、15歳になり、親とどこかへ行くのは、めんどうなようです。適当に親にしてもらいながら、好きなときは、自立していくという・・思春期の生意気な時期です。

親も自分の時間ができるし、子供と良い距離感を保っていく時期

子供が中学生ともなると、親は、もう、食事を作ってあげるくらいで・・・といろいろな方が言っていたのを思い出します。

自分の時間が保てるようになり、とても嬉しいと同時に少しだけ、悲しさもあるかな・・

子供が二人いる方は、2番めの子供が中心となる時代なんですね・・・

一人っ子は、もう終わりか・・・と少しだけメランコリーになりつつ・・・

でもまだまだ、思春期で、危うい時期なので、よ~く目を凝らしてみなければいけない点もありますね・・

息子との良い距離感を保っていく時期、主人、息子、私(母)のみんなが自立しているよい感覚ができたらいいなあと・・・

主人に甘えていた時代も終了し、男同士での会話も弾む時代になったんですね・・

15年という月日の流れ・・・嬉しいやら、少しだけ悲しいやら・・・