1991年崩壊直前のソビエト連邦の首都モスクワにトランジットした思い出




1991年のモスクワの赤の広場とペレストロイカ

1991年の11月にぶらっと母と一緒にドイツの古城に旅行に行こうと、その当時、一番安い航空券を探したら、アエロフロートだったのです。

モスクワ経由のフランクフルト行きです。そして、モスクワでトランジットで、一泊が付いているというので、これは、興味深いということで、決定しました。

アエロフロートは座席指定がなく、空港でみんな一斉に走るんだよ・・と聞いていました。

成田からは、座席指定がありましたが、モスクワからは、やはり、座席が指定されてなく、走りましたよ。母も一緒に。あの当時は、まだ、若かったですからね。

1991年当時は、モスクワは、ソビエト連邦崩壊の直前の時代。1991年の12月25日にゴルバチョフ率いるソビエトが崩壊したのです。

ですから、ソビエト崩壊直前のちょうど1か月前くらいですね。

当時、ニュースでは、ソビエトは、物不足だと報道されていました。本当にその通りで、モスクワのホテルに滞在したのですが、夕食が待てど暮らせど、出てこないし、

次の日、モスクワの空港では、お店に何も売られていない状態。本当にこんなことがあるんだと、びっくりしました。

滞在の夜には、モスクワ観光ができるということで、参加しましたが、参加料が、アメリカドルで10ドル支払える人だけでした。

面白いことに、母がちょうど、2人分20アメリカドルをもっていたのです!なんとなく、入れておいたのよ~と。(ドイツに行くので、当時は、ドイツはマルク時代。なぜかしらねど、アメリカドルを持っていた母はスゴイ!)

ということで、モスクワの夜の観光ができたのでした。モスクワの街並み、赤の広場・・・ワクワクしましたね。

当時のゴルバチョフ政権のペレストロイカとグラスノスチ(情報公開)の言葉も聞こえてきました。

ペレストロイカロシア語перестройкаラテン文字転写:Perestroika)は、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動。ロシア語で「再構築(改革)」を意味する(“пере”〔ペレ〕は「再び」を意味する接頭辞、“стройка”〔ストロイカ〕は「構築」「建設」を意味する単語)。

出典:ウィキペディア ペレストロイカ

グラスノスチロシア語: гласность、glasnost)は、ゴルバチョフ時代のソビエト連邦においてペレストロイカ(perestroika、改革)の重要な一環として展開された情報政策である。日本語では「情報公開」などと訳される。

出典:ウィキペディア グラスノスチ

帰りの飛行機からは、下を見下ろすと、シベリアの凍土が見えました。ユーラシア大陸を直線に飛ぶ航路ですので。

ラフマニノフの曲を聴きながら、モスクワを思い出す

ロシアの作曲家のピアノ音楽が好きで、よく聴いています。ラフマニノフ、チャイコフスキー、スクリャービン、グラズノフなど。

ラフマニノフはロシア革命でアメリカへ移住したのだけれど、その時の自分の故郷を離れるときの気持ちを表現した、ヴォカリーズという曲もあります。

有名なラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、パガニーニの主題による狂詩曲 (第18変奏)、プレリュード、鐘、音の絵など、聴きどころ満載な素晴らしい曲ばかりです。

これらのロシアの曲を聴いていると、モスクワの赤の広場が頭の中に映像として蘇ってきます。

そして、語学学校のロシア人のクラスメートが作ってきた、ピロシキも思い出すかな・・・