フランス製STAUB( ストウブ)の鍋やフライパンでつくるおいしいチャーハンやスープ。ストウブ鍋やフライパンの熱伝導率に感動。




STAUB(ストウブ)の鉄のフライパンで、おいしい炒飯(チャーハン)をつくる!

 

今まで、いろいろなフライパン、中華フライパンで、焼き飯、チャーハンを作ってきましたが、

このフランス製のストウブ、100年長持ちすると言われている、鉄のフライパンで焼き飯やチャーハンをつくると、断然、極上の美味しさになります。

我が家では、育ちざかりの中学生男子の息子がいますので、なんといっても、ウマウマの極上めしを作らないと・・・いけないのです!

私は、料理して、すぐに味見をしていますので、違いがよくわかります。

フランス製の高級フライパンストウブで料理するからといって、高級なフランス料理やイタリア料理、凝った料理をしなくてもいいんですよ・・

私は、オーブンなんかも使いませんし・・・

我が家は、簡単なチャーハンというか、焼き飯というか・・もう、自分で勝手にアレンジしています。

ストウブで炒めたチャーハンは、お米一粒の中の中まで、ばっちり火が通っているのです。

熱伝導率がよいことが、すぐにわかりました。

以前は、中華フライパンで炒めていましたが、違いは歴然としています。

中華フライパンで炒めたチャーハンは、少しベトッとしたお米になります。

以前に使用していた、中華フライパンは、オーストラリアのシンガポール人のお店で購入しました。

シンガポールの方に聞くと、中華系の方は、中華フライパンで、チャーハンでもスープでもなんでも料理するよ・・便利だよ・・と言っていたので、購入したのです。

確かに、軽いし、便利でした。

しかし、鉄じゃないしね・・このペラペラした素材は、大丈夫かな・・アルミではないと思うけれど、ステンレスにしては、薄すぎるし・・と疑問を持っていました。

どのようなフライパンを使用していますか?

ストウブの鉄のフライパンで炒めた、そしてバッチリ火が通ったチャーハンは、お米一粒の中までパリッと火が通り、香ばしいのです。

たかが、チャーハンですが、極上の美味しさになります。

ストウブのフライパンの困ったことは、鉄で、かなり重いですので、中華フライパンのように、薄っぺらでないので、持ち上げられないことです。

お皿に盛るときは、少し、手間がかかりますが、おいしさに比べたら、そんなのどうでもよくなりますよ。

炒める木べらは、日本からもってきた、世界自然遺産、屋久島の木で作られた木べらを使用しています。

長さが短いので、アッチッチ・・になりますが・・

それ以来、ストウブの製品の良さがわかり、ファンになりましたので、ストウブの鍋も購入することにしました。

はじめて購入する、ストウブ鍋 ピコ ココットラウンドは、20センチサイズで、決定!

熟練職人によってつくられたストウブの鍋は、100年長持ちするそうです。

このような良い製品を大事に使用して、代々、受け継いでいきたいですね。

はじめてストウブ鍋、ピコ ココットラウンドを買うなら、20センチサイズがちょうどよく、使いやすいです。

スープ作り、炊飯、カレー、シチュー作りにも適しています。

まず、こちらの20センチサイズを使いこなそうと思います。

色も豊富ですが、やはり、赤を選んでしまいました。

形は、オーバルもありますが、それは、次回ですね。

我が家は、ストウブのフライパンとラウンド20センチの鍋でひとまず、いろいろと工夫して調理しています。

キッチンにストウブの赤い鍋、ピコ ココットラウンドがきてから、キッチンに幸せが来たような気がします。

極上の製品を使用することで、料理にも愛情がますますこもっていきます。

スープやシチューだけでなく、ご飯を炊いたりもできます。

蓋がものすごく重いので、少しの水分で調理ができ、芯まで火が通りますね。

スープには、いつもムング豆を入れていますが、スープに火をかけているとき、

ストウブ鍋、ピコ ココットラウンドの重い蓋をすると、中で対流して、蓋をあけると、ムング豆が上に浮き上がっている状態です。

普通の一般的な鍋との対流の違いがわかります。

日本では、ルクルーゼの鍋を使用していましたが、ルクルーぜの鍋は、もっと薄いホーロー鍋になります。

ストウブの方が重厚感があるので、好みですね。

ポイントは、ストウブ鍋の重厚な重さの蓋ですね。

蓋のところに、ポチポチがついているのが、ミソだそうです。

有名シェフは、ストウブが好きな方が多いと聞いていたのを納得できます。

ストウブ鍋やフライパンは、100年長持ちしますので、お手入れが肝心です。

ストウブの鍋やフライパンは、調理後、お湯だけで洗います。洗剤はつけません。

そして、乾燥しないように、オリーブオイルを塗っておきます。

調理するときも、焦げ付かないように、細心の注意が必要です。

もし、焦げ付いたら、重曹で丁寧に焦げを落とします。

良いものを大切に使い、大切にメンテナンスして、粗雑に扱わない練習にもなります。

良いモノを大事にすることが学べます。

高い買い物になりますが、100年長持ちしますので、若い時に購入して、お祖母さんになるまで、ずっと使い続けるという素敵な人生もいかがでしょうか・・

フライパン選び、鍋選びで、毎日の食が違ってくる! 質のよい生活を目指していくなら、フライパン選び、鍋選びからはじめてみよう!

毎日つくる食事。どんな調理器具を使っていますか?

焦げなくて便利だからといって、フッ素加工のフライパンを使っていませんか?

フッ素加工だと、身体にあまりよくないですね。

フライパンなら、鉄かステンレスで、フッ素加工でないものを選ばなくてはいけません。

鍋も鉄鍋を選ぶか、ホーロー鍋ですね。アルミ鍋を選んではいけません。

もちろん、毎日食べる食器も、プラスチックは排除した方がいいわけです。

電子レンジは使っていますか?これは、処分してしまいましょう・・

選び抜かれた調理器具で、便利であることを目指さないで、スローな料理を目指して、丁寧に毎日を過ごしたいものです。

毎日の少しずつの、身体に対する配慮が、10年後、20年後の私たちの身体に影響していきます。

ストウブのフライパンや鍋は、高額ですが、一生ものですので、結果的には、安くなると思います。

一生モノのストウブ(STAUB)の木柄フライパンで、おいしいチャーハンを作ろう。フランスで大人気でフレンチの巨匠、ポール・ボキューズが開発に加わったプロ仕様の本格フライパンです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]