世の中は、いらないこと満載である。そこから出発して、良いものに出会うと、感動できる。




普通のスーパーマーケット、みんなの食生活をちらっと見てみると・・・

毎日、お昼前後に買い物にぶらりと散歩がてら、出かけます。

お母さんですので、子供のための食事管理は重大項目ですので、毎日の食材選びは、真剣にならざるを得ない部分です。

いろいろ見て歩き、良いものはないかな・・といつも探しています。

こちらは、欧州ドイツですので、基本的には、BIOスーパーマーケットで毎日の食材は購入します。

ときどき、普通の中堅スーパー、激安系スーパーにも探検に行きます。

本日は、中堅スーパーにサランラップ(耐熱用)を買いにいくついでに、ちょろちょろと見まわってみました。

もう、ふざけているナ~と思うのが、スーパーの面積のほとんどが、清涼飲料水(カンやペットボトル)、ビール、加工品などの売り場になっているということです。

そんなところは、我が家には関係ないので、見ないですが、面積を取りすぎだわ!思って、あほらし~と思うのです。

子供のお菓子売り場なども眺めて、チョコレート売り場などもチェックします。

チョコレートはどれも魅力的ですが、原材料をチェックして、レシチンが入っているわ・・それも大豆由来の・・ということで、がっかりするのです。

レジに並ぶと、そういうことを全然知らない、まだ気が付いていない方たちが、平気でいろいろな加工品を購入しているのを見ます。

私も以前は、人のことを言えず、知らずに、いろいろと購入していました。

いつ自分で気が付くのか?これが、人生の明暗を分けていく、そして、人生の寿命まで決めていくのでしょう。

よく食べる人たち・・・

私はお昼前後に買い物がてら、散歩していますので、ランチをしている人たちをよく見かけます。

みんながランチをしている姿を見て、人間は食べないでいられないんだな・・と眺めています。

私は、コーヒーとはさよならしてしまったので、カフェに立ち寄っても、ココアくらいしか選択肢がなく、

小麦製品もなるべく避けているので、パンを購入する気もあまりなく、(ときどき、良いものは購入しますが)

肉食や乳製品ともさよならしているので、ベルリンでは、ケバブやカレーブルストなどもB級グルメとして人気ですが、それも選択肢になく、

よほど良いものでないと、選ぶ気がないという、とても冷めた目でいろいろと見ています。

そして、世の中はくだらなさで成り立っている。

人間は、くだらないものを食べるために、毎日働いているんだな・・と時々思うことがあります。

一度、癖や習慣がつくと、やめられない・・という人間の習性を利用して、いろいろな方向に誘導されているんだな・・と・・

食べることだけでなく、エンターテイメントもそうであるし。

けれども、そんなばかげた普通の生活の中から、良いものがキラリと見つかったときは、非常に嬉しいものです。

ほとんどの人が、世の中は素晴らしいと思うから、期待外れなわけで、世の中は基本的には、くだらないと思えば、良いものが見つかった時には、ワクワクします。

でも、そんな考えに至ったのは、私も人生半分を過ぎてからのことです。