2017年のクリスマスに想う




今年もやってきた、2017年のクリスマス。街は騒がしく、人々はプレゼントを買い求める。

ドイツでも毎年恒例の、シュトレン、レープクーヘン、グリューワイン・・クリスマスマーケットも賑わっている。

私は特に何も買わないことにしようと思った。誰かに何かを贈ることもしていない。

いつもと同じように過ごそうと・・。

それより、より一層、自分の心を整えて、静謐な生活をさらに極めようと。

自分の欲を満たすようなクリスマスであってはいけない。

そこで、たいしたことはないのだけれど、自己満足程度なのだけれど、

路上に座っている、家のない人、食べることに困っている人に、少しだけ寄付をしてみる。

ありがとう・・と言われて、少し嬉しくなる。

こんな少しの寄付で感謝の言葉をもらえるということが、すごいと感じる。

1回カフェに行くより、少ない金額を数人に寄付をするという簡単なこと。

誰でもできるのに、ほとんどの人がやっていないということ。

ケーキを食べても、身体にあまり良くないし、カフェをしたからって、なんということでもない。

1回でもそんなことをやめてみて、寄付をすればいいだけ。

でも、街では、クリスマスとばかりに、食べたり飲んだり、プレゼントを交換したり。

みんながクリスマスを楽しんでいるので、あえて、真逆をしてみる。

真逆をしてみると、色々と見えてくる。渦にまきこまれていないから。

今年のクリスマスは、自分の心を聖なる日、Holy day にしてみよう。

そして、心から願ってみる。

この世界が美しくなりますように。

将来の子供たちのために、世の中が少しでも良くなりますように。