ドイツのサッカー、ブンデスリーガ ボルシアMG 対  アイントラハト・フランクフルト 2017年9月9日 第3節    




ブンデスリーガ、ボルシアMGファン、16歳の息子がおくる・・

(写真は、ニュースやハイライトを自分で撮影したものになります)

ボアテング、フランクフルトに移籍してからの初ゴール!

 

ボルシアMG    アイントラハト・フランクフルト    

2017年9月9日 第3節  

 

インターナショナル ブレイクの後、1週間空いた両チームの試合はシュタディオン イム ボルシアパルク、ホームスタジアムのボルシアMGとアイントラハト フランクフルトが戦った。

ボルシアボMGのチャンスがありも、フランクフルトがわずかに勝つ。

ボルシアMGの監督曰く、ヘッキングが前半にフランクフルトにチャンスを与えてしまった・・。

フランクフルトの最初のチャンスは前半1分、ボルシアの守備が浅いため、

ガチノビッチのシュートがボルシアのゴールキーパー、ゾマー触接反応できす、

ゴールのはずが、フランクフルトのボアテングがボールに触り、オフサードになり、フランクフルトが先制点を逃す。

前半13分、スローインから、ボアテングが0−1とチームヘリードを広げる。

ボルシアMGのただ1つの大きな同点の機会は、アザールの前半18分のシュートがゴールの脇に逸れた。

後半、ホームチームが勢区攻撃する。チーム主将のシュティンッドルのミドルシュートなど。

シュティンドルのロスタイムチャンスなどもあったが、チャンスを逃す。

ボルシアMGは、今シーズン初めて負けがついた。

ボルシアMGは、トラオレなど5人がけがのため、チームの攻撃力が弱まっていた試合となった。

フランクフルトから見ると、前半の様々なチャンスを逃して、そこから後半チャンスがなかったが、それでも、勝利した。

日本人の長谷部選手はこの試合に欠席した。

 

試合のハイライト

https://www.youtube.com/watch?v=Q0m_vVtmt5Q&feature=onebox