ドイツのサッカー ブンデスリーガ ボルシアMG 対 VFB シュトゥットガルト 2017年9月19日第5節




息子16歳、ブンデスリーガ、ボルシアMGファンがおくる・・・

(写真は、ニュースやハイライトを自分で撮影したものになります)

ラファエル2ゴール、ボルシア勝つ。

 

ボルシアMG       VFB シュトゥットガルト    ボルシア・パルク

2017年9月19日 第5節 

 

火曜日の夜に行われた、ブンデスリーガの試合。

ボルシアMG は ホームでVFB シュトゥットガルト、今シーズン今シーズン2勝目を目指す。

ボルシアはゴールキーパー、ジッペルがけがのゾマーの代わりにスタメン。

シュトゥットガルトは、浅野が4試合ぶりに先発。

最初の場面は、昨年、2部で得点王となった、テロッデのヘディング。

ボルシアMGは、得意の鋭いカウンターでチャンスを迎える。

前半14と15分にラファエルのチャンスが続いたが、ボールをコントロールできず、空振り。

ボルシアはシュトゥットガルトの硬い守りで、カウンターなども難しかった。

シュティンドルのシュートチャンスは、ゴールキーパーに簡単に取られる。

前半終わる前に、シュトゥットガルトのアスカジバルがボールをキープし、マンガラが遠めの位置から強いシュート。

ボールは右上へ流れてしまったが、マンガラはけがのゲントナーの代わりにいい働きをした。

0−0で後半を迎えたこの夜の試合、後半開始直後に、淺野のスルーパス、テロッデがやや距離のあるところから、右足を振り抜いたがボールは左にそれる。

すると後半13分、ラファエルが右に展開し、エルベディのセンターリングをゴール前に飛び込んだラファエルがゴール。

ワンツーパスでボルシア先行。さらに73分、フリーキックでアオゴがアザールを倒し、ボルシアの2−0チャンスが迎えた。

ラファエルがペナルティーを決め、2−0とホームチームの圧倒的のリード。

後半残り10分、ベックなどのダイレクトシュートチャンスなどもあったが、シュトゥットガルトはこの日0点で終わる。

ボルシアの2勝目、一方、シュトゥットガルトは2試合ぶりの敗戦となった。

日本人の浅野選手は、62分ベンチへ下り、貢献できなかった。

ボルシアMGは若い18歳のミカエル クイザンスのデビュー戦となり、チームに勝ちを結びつけた。

ハイライト

https://www.bundesliga.com/en/bundesliga-tv/borussia-monchengladbach-2-0-stuttgart-raffael-badstuber-oxford-highlights-459708.jsp