ドイツのサッカー ブンデスリーガ ボルシアMG 対 ハノーファ−96 2017年9月30日 第7節 




ドイツのブンデスリーガ ボルシアMGファン 16歳の息子がおくる・・・

(写真は、ニュース、ハイライトを自分で撮影したものになります)

 

ホームチームのロスタイム勝利。

 

ボルシアMG       ハノーファー96    ボルシア・パルク

2017年9月30日 第7節 

 

試合が10分遅れた、このデーゲーム。

今シーズン黒星のないハノーファー96。

ボルシアMGは先週の負けを忘れて、新しいスタートを切りたい。

チーム得点王のオーストリア人のハルニク、4ゴール中でその3得点はアウェーゴール。

ボルシアMGの方ではクイザンス、19歳の若手が初めてのスタメン。

ハノーファー96この試合で負けない試合を続ければ、このチームの新しい記録になる。

良いスタートを切ったこのアウェーチーム。

2分、バカロルツがボールを運び、ハルニクヘパス、そのシュートは、横へとそれる。

今日けがから戻ってきた、ゾマー、ボルシアMGのゴールキーパーもその強烈なシュートにびっくり!

ホームチームの攻撃は、7分、ラファエルのロングシュートは、ハノーファーのゴールキーパーに弾かれる。

後半30分を経過し、左からオストルツォレクのクロスから、クラウスがつなぎ、ハルニックのヘディング、ボールが高く飛んでしまう。

メンヒェングラードバッハ、シュティンドルのボレーシュートはゴールネットの外にすれる。

これは38分、元ハノーファーに所属してした、シュティンドル。

0−0の前半の結果で後半を折り返す。

後半、アザールのシュートはパワーが足りなず、ゴールキーパーがセーブ。

フリーキックからボルシアMGがリードする。

クイザンズがクロスし、ギンターがボールを合わせて、ゴール。

ハノーファーが直後に、反応する、コーナーからハルニクのものすごいヘディング、アウェーチームがたった4分後のホームチームゴールから同点に追いつく。

ハルニクチャンス場面が続く、右のベブのクロス、ハルニクがボレーをしたが、クロスバーに直撃し、リードならず。

ボルシアMGとしては、ほっとした、この残り10分の試合。

劇的な試合と展開した、90分、試合が終わる直前に審判がペナルティーと判断する。

グリフォがハノーファーのサネに足を引っ掛けられ、ペナルティーとなる。

サネがボールをさわったと納得するが、彼はグリフォも倒した。

アザールがそれを決め、そこで試合が終了し、ボルシアMGの勝利。

ハノーファーが今シーズン初黒星。

観客者にとっては、この試合はとても興奮できる試合であったと思う。