ドイツのサッカー ブンデスリーガ ヴェルダーブレーメン対 ボルシアMG 2017年10月15日 第8節 




ドイツのサッカーブンデスリーガ ボルシアMGファン 16歳息子がおくる・・・

(写真はニュースやハイライトを自分で撮影したものになります)

 

ブレーメンの危機が続く

 

ヴェルダーブレーメン   ボルシアMG      ヴェーザーシュタディオン

2017年10月15日 第8節

 

ブンデスリーガ第8節の最終戦、ブレーメン対ボルシアMG。

観客42100人で売り切れたこのナイトゲーム。

ブレーメンはここまで勝ち星なず、8節目で勝ち点3を取らなくてはいけない試合。

ボルシアMGは対戦成績を見ると、ブレーメンとは他のブンデスリーガのチームと比べて、相性がもっとも良いチームと対決する。

前半10分を経過する場面までは、ブレーメンが先行する可能性が高かった。

右のコーナーからデラネイがボールを頭にあわせるが、ゴールキーパの正面。

ボルシアの攻撃はラファエルのシュートは、ゴール横にそれる。

ラファエルは彼の250試合目のブンデスリーガの試合となる。

27分、アザールのシュートはゴールキーパーが止めるが、跳ね返ったところ、

シュティンドルが強烈なシュート、角度が難しいが、彼がきちんとそれを決める。

ブレーメンは左の守りが浅いため、右から鋭いカウンターへ持ち込まれる。

この後、アザールのフリーキックをエルヴェディのヘッド。

その直後のコーナーキックから、199cmの高い、ヴェステルゴーアのヘッドがボルシアの今日2点目となる。

それは前半34分だった。

ヴェステルゴーアは、彼の元所属していたチームをリードで、圧倒的にアウェーチームが早々と2点入れた前半。

後半も同じペース、ボルシアMGの3点目が接近してきた。

きわどい場面では、ラファエルのループパスを全力で走ってきた、ヴェントがシュートまで持ち込むが、

浮き玉のボールをジャストミートできず、2−0にとどまる。

ブレーメンは今シーズン7試合たったの3ゴール。

今日も得点ならず。

シュティンドルの83分、トラオレの右から長いボールをヘディング、

ブレーメンはここで圧倒負けとはならず、試合は2−0でボルシアMGが勝利。

ボルシアはこの時期で、5位へと登る。

ブレーメンは、17位にとどまる。

ブレーメンは来週の18位のケルン戦で、勝ち星を目指す。