1か月先の未来に行ったことがある経験より




まるで、映画のような、未来に行ったことがあるとか・・

それ、どらえもん・・か! と言われるかもしれませんが、

夢の中で、1か月先の未来に行って、それが、全て同じだった経験があるのです。

そんな、アホな・・と思いながら、読んでみてください。

私もいつも不思議に思っていたので、お楽しみに書いてみます。

 

1985年のことです。大学受験の1か月くらい前の、ちょうど1月7日とかそのくらい・・。

浪人をしましたので、今回は絶対に合格しないと、マズイな・・と緊張した心の状態だったと記憶しています。

大学受験の試験の申し込みをして、受験番号票を待っている時期でした。

まだ、受験番号が届いていない状態です。

1月のお正月すぎたころでしょうか・・・。

 

夢を見まして、大学に合格した夢を見たのです。そして、受験番号は、9番で合格をして、

合格発表の番号がのっているボードも夢にでてきました。

なぜか、9番しか記憶していません。

合格発表のボードは、中庭のようなところにあったような・・

そして、そのボードを見ながら、私は母親に電話しているのです。

合格したよ・・と。

 

朝起きて、それを母親に話して、9番で合格してた・・なんて、

じゃ・・合格できるね・・なんて、ウヒウヒしていたのです。

正夢だといいね・・・なんて、いいながら。

 

それから、数日後に受験番号票が家に届きました。

なんと、これがびっくりで・・・

3009番❗  だったのです。

えっ!!  夢に出てきた合格発表の番号と同じだ・・。

9番しか記憶していなかったけれど、その前の数字は確かにぼんやりして

よくわからなかったけど・・。

なんで、同じなんだ???  ま、いっか・・と思いましたが。

 

そして、試験当日を迎えて、合格発表の日が来ました。

試験日が2月7日で、合格発表が、2月10日すぎごろでした。

夢で合格していたから、合格するかな・・なんて、楽観的になっていましたが。

大学の中庭で合格発表のボードが設置されていました。

これ・・・夢で見たのと、なんか同じような気がする・・・。

(今まで、大学の中庭に行ったことはありません。)

そして、合格発表の数字も、3009番で、確かに、

夢で見たのと、ほとんど同じ感じでした。

夢では、9番の前の300・・あたりがぼんやりしていました。

 

これが、1か月先の未来に行ったことがあるという、私の経験です。

家族にしか言ったことはありません。

そんなことを他人に言っても、アホか・・と思われるからです。

でも、この年齢になり、面白いので、書いてみました。

 

そして、このごろ、よく思うことがあるのです。

人生は、もうすでに、決まっているのではないかと。

息子が生まれる前に、こんな赤ちゃんかな・・と描いたことがあります。

そうしたら、ほとんど、そっくりな息子が生まれて来ました。

それも、びっくりしましたが。

そんなこんなで、目に見えない世界・・・に非常に興味があるのです。