時間を大切にすることは、命を大切にすること




時間とはいのちなのです。そしていのちは心の中に宿っているのです。そして、人間がそれを節約しようとすればするほど、ますますいのちはやせ細っていくのです。 『モモ』

ミヒャエルエンデのツイッターより

時間を節約すればするほど、命はすり減って行くということ???

そうなんですよね・・。時間管理とか、時間の節約とか・・

バサバサした考え方で、人生が豊かにならないですよね・・。

時間とは命である・・ということを本当に理解するために

時間の過ごし方を考えてみると、

A. 時間に追われて、1分1秒を惜しまず、充実した時間であるが、ロボット的

B. 時間などを気にせずに、アバウトで、おおらかに過ごして行く

 

どちらが、豊かな人生を過ごせるでしょうか・・・。

文明が発達した国は、ほとんどがAのような過ごし方ですね。

もちろん、日本の会社生活は、凄まじいロボット的な生活を強いられています。

Bは、島の人々、田舎の人々、原住民などの過ごし方になります。

本当は、Bのように、時間を気にせずに、アバウトで、おおらかに過ごす方が豊かなはずです。

しかし、Aのように、過ごしていかないと、文明社会では、生活ができないのです。

なぜ、時間に追われて生活をしなければいけないのでしょうか?

やはり、何かに成功しなければいけない、それでないとお金が入って来ない、家のローンも支払わなければ行けない・・・ということで、すべてが、お金がないと生活できないからです。

島の人々、田舎の人々、原住民などは、土地があるので、ローンも必要ないし、毎日の食のことだけを考えていれば良いことになります。

南の島だったら、バナナもあるし、マンゴーもあるし、ココナツもあるし・・食の危機もありません。これは、豊かですよね。

文明社会では、バナナもマンゴーもお金を出して買わなければいけない・・。お金が必要なのです。

つまり、私たちは、お金のために、大切な時間を費やしているのです。大切な命を差し出しているのです。

お金を得るためにか・・・。

つまり、仕事をして、時間を費やして、大事な命を仕事のために使っているということか・・・。

100年間長生きする人は、100年という時間、つまり100年の命がある。

80年間普通に生きる人は、80年という時間、つまり80年の命がある。

確かに、時間は、命でありますね。

時間をなんのために使っていますか?ということは、

命をなんのために使っていますか?と同じですね。

ということで、ほとんどの人が命、時間をお金を得るために使っている・・

という、あたりまえなんだけれど、おそろしや・・ということがわかるのです。

時間を節約しない豊かな時間の過ごし方

時間の効率化とか、スキマ時間を利用してとか・・

何かを達成するためには、良いことなのですが、結局、何かを達成しても、

人生は豊かにはならないのです。

むしろ、疲れたり、無理して、病気になったりとか・・

毎日、時間を節約して、ガサガサ生活して、何を達成しようというのか・・。

何も残らないというのが、本当のところです。

しかし、時間管理をして、何かを達成することが良いことのように思われていますし、

学校でも、会社でも、時間効率が大事とか・・言っていますので、怒られてしまいそうです。