夏休み、反抗期の息子との食料買い物バトル!




夏休みになると、息子と毎日の買い物を一緒に行く機会も多くなります。

息子は、反抗期なのか、私のことを、BIOばーさん・・・と呼ぶんですよ・・。

 

夏真っ盛り、息子BIO嫌い! 対決 私BIO派! のバトル勃発

 

期待はしないけれど・・・

私は、もちろん、毎日口に入るもの・・・オーガニックの方がいいに決まっているので、

なるべく、BIOにしなさいと、小うるさく言うせいなのか・・

息子は、BIOがつまらん!とか、嫌い!とか・・・ほざいたり、ぬかしております・・。

挙げ句の果てには、BIOばーさん・・・と言われております。

ドイツのナチュラルライフ・・とか素敵なイメージで書いていらっしゃる方もいるのに、

私は、BIOばーさんか・・・と、まあ、おもしろいからいいけど・・とあきらめております。

期待しない・・・あきらめる・・・子育てで大切ですね!

 

ティーンエイジャーの思い

まあ、ティーンエイジャーなので、みんなが食べているようなものも、欲しいのはよくわかります。

まあ、たまには買ってもいいけれど、覚えておかなければいけないよ・・と

うるさい私は言うわけなのです。

例えば、炭酸飲料水・・・どれくらいこの中に砂糖が入っていると思う???

つまり、水と砂糖でこの値段、一瞬安いと思うかもしれないけれど、実は高くついてしまうのさ・・・

私の独壇場になってしまいます。若者にとっては、うるさいだろうな・・・と思いながら。

エネジードリンクなども危ないですね。

学校の友達のみんながどんなものを飲んでいるのかなども教えてもらいました。

 

次に、ポテトチップスとかクッキーとか・・・。

ポテトチップスね・・EUだから、遺伝子組み換えはないとは思うけれど、信用できないし、

トランス脂肪酸のことを考えると恐ろしいよね・・。

クッキーね・・。裏の原材料をみてごらん・・・パーム油が入っているよね。

BIOでない、クッキーなどの原材料をみてみると、ほとんどすべてに入っている・・。

クッキーなどの茶色の色も怪しいとどこかで読んだことがあるし・・・。

 

チョコレート類・・・私も大好きで、チョコレートには、中毒になるタイプですが、

BIOでないと、どんなに高級なものでも、大豆レシチンが入っている・・・。

こんなことを永遠にいうもので、息子などは、そんなこと言っていたら

何も買えないよ・・・というわけです。

そうなのです、・・・厳しく見ていくと、何も買えないのです!

 

毒出しで回避できるように・・・

だから、まあ、毒出しできるくらい、2割くらいは、BIOでなくてもいいけれど、

8割は、BIOでいかないと、将来的に毒がたまって、大変なことになるよ・・

そんな結論を私は出しています。

果物、野菜などでも、農薬だけでなく、除草剤のグリホサートの問題もあり、

たぶん、ドイツでも除草剤は使用しているはずですので、

やはり、BIOばーさんと言われても、なんでもいいので、

BIOを8割にしてくれ・・・というのが私の願いです。

農薬は、重曹で洗えば取れるかもしれないけれど、除草剤の影響は

残るだろうな・・・と思います。

砂糖だらけの炭酸飲料水を買う息子に、こんなあっほージュース・・・と、

私は、言い返しています。

 

長い目で選択をしていかなければいけない・・・

 

日本にいるときに、テレビで見たのだと記憶しておりますが、

女医さんで、大病された方が、化粧品の1万円を購入しないで、

その分で、有機野菜をたくさん買いなさい・・・と言っていました。

有機野菜がどれだけ大切か・・・と力説されていました。

ドイツのBIOスーパーを見ていてもわかりますが、

たぶん、病気をされた経験がある方が、真剣に1つ1つ、

BIOの野菜を選んで購入しています。

たぶん、意識しない限り、自分が経験しないと、この重みがわからないのが

普通なのかもしれません・・。

普通は、安いものを購入してしまいがちになるものです。

ドイツ人もわりとケチなので、すべてがBIOではなくて、

乳製品はBIOで、他は普通のものを購入している方も多いようです。

毎日の買い物、選択は悩ましいものですが、

毎日の選択こそが、価値観であり、その人の生き方になります。

どんなものを選択していくか、どんな価値観で過ごしていくかは、

その方次第であり、結果もいずれ、伴ってくるものなのです。