イマジン・ドラゴンの新曲『ゼロ』は、ディズニー映画『シュガー・ラッシュ・オンライン』のエンディング曲




イマジン・ドラゴンの新曲 『ゼロ』は、ディズニー映画 『シュガー・ラッシュ・オンライン』のエンディング曲

 

我が家では、イマジン・ドラゴンのゼロがよく流れています。

こちらのプロモーションビデオがよくできていて、今の時代だ・・

と思ったのですが、いかがでしょうか・・。

今の若い人の感覚をよく表していると思いました。

息子も気に入っています。

 

Imagine Dragons – Zero (Lyrics)

 

ディズニームービーはこちら。

 

映画の英語の題名と日本語の題名で、違うことについて

 

日本語の題名では、『シュガー・ラッシュ・オンライン』で、

英語の題名では、『Ralf Breaks the Internet  Wreck-It Ralph2』になっています。

英語の題名では、意味がよくわかりますが、日本語の題名の意味がわからない・・

シュガー・ラッシュって、何?と息子に聞いたところ、

ゲームの名前らしい。第1作目の日本語の題名でもあるようです。

( イマジン・ドラゴンの曲から興味を持ったので、ディズニー映画の1作目も知らず・・)

1作目は、シュガー・ラッシュというゲームセンターが舞台らしい・・。

それで、2作目がネットの中に入るから、オンライン???

この映画は、主人公のラルフがインターネットのケーブルの中に入り込んで

壊してしまう・・という内容らしいのですが・・。

題名にラルフが出てこないのはなぜだろう??

別にいいのですが、気になるところは、

子供たちが、例えば、日本の子供がシュガー・ラッシュ・オンラインを見たよ・・

と言っても、英語圏の子供には通じないですし、

また、英語圏の子供たちが、Ralf Breaks the Internet を見たよ・・

と言っても、日本の子供たちには、通じないことです。

映画の題名については、日本語の方が秀逸であったという、『氷の微笑』などもありますが、

今回については、どうなのだろう??と思いつつ、

映画の題名の英語圏と日本語の違いは興味深いものです。