お手頃な古いMac Book Air は、子供に与える最初のPCとして優れている




我が家は、息子も私もMac Book Air を使用しています。

理由としては、最初に息子に購入したのですが、まずは、このくらいから

出発して・・というお手頃感のものを選ぶ理由からでした。

そして、私もわからないところは、息子に教えてもらうために、同じものを・・。

 

お手頃な古いMac Book Airのキーボード打鍵感がよいと思う

 

最近、新型Mac Book Air をお店で見ました。あ。。キーボードは、古いMac Air とは違うんだ・・

私は、Mac Book 12インチを購入しようかなと考えた時、キーボードがしっくりこなくて、やめたのです。

ローズピンクのMacBook 12インチは魅力的でしたが・・。少し、サイズも小さめ12インチで、肩が凝ってしまうかな・・とも思いました。

慣れのせいかもしれませんが・・私は、13インチのMac Book Air のキーボードの打鍵感が好きです。打ちやすいですし、高速打ちもしやすいです。

そして、古いMac Book Air といえば、アップルが光りますし、スティーブ・ジョブスの遺産の機種であると・・・どなたかが書いていました・・。

新型のMac Book Airも発売されましたが、古いものも、味わい深いものです。

普通の生活をして、ブログを書く程度なら、これで十分です。

子供に最初に与えるPCとしても、お手頃でよいのではないでしょうか・・。

ドイツで購入のMac book Airなので、ウムラウトがありますね。

アクセントのある母音が、後続の i、e 等の前舌母音の発音に引きずられて e に近い発音になる現象。ゲルマン語において多く見られる。 また、アクセントのある母音が 後続の後舌母音 u、o によって発音変化を起こす場合もあるが、これもウムラウトの一種とされる場合がある(i-ウムラウト参照)。

一例として、英語で足を意味する foot の複数形 feet の母音も、i-ウムラウトによって生じたものである。 古英語では足の単数形は fōt で、文献以前の英語ではこれに複数語尾 *iz をつけることで複数形 *fōtiz を作っていた。しかし、この複数語尾 *iz が前の母音 ō を ē に変化させたので、古英語では複数形は fēt となった。その後の大母音推移の結果、現在の形になった。

このように、ゲルマン語においてウムラウトは、名詞の単複変化にともなって現れることが多い。

ウィキペディア ウムラウト

 

子供に与える最初の1台目は、Mac Book Air

 

子供に最初に与えるものは、スマホは、i-phoneではなくて、お手頃の安いものにして、

PCは、Mac Book Air の古いもので、十分ではないでしょうか・・。

10歳すぎて、小学校5年生、6年生ころには、PCを使えるようになりたいものです。

スマホを持たせるより、先にPCを与えて、なんでも検索させることが必要なのかな・・

と思います。

塾代を支払うより、PCを与える・・こちらの方が将来的に意義があるような・・。

また、電源コンセントが、磁石になっているので、すぐにはずれますので、

PCがコンセントに引っ張られて壊れてしまうという危険もさけることができるので、

子供には適していると思うのです。