アルフォンソ・デイヴィス選手 ドイツのブンデスリーガ FCバイエルン 19歳で俊足の注目の選手 息子も一押ししています!




アルフォンソ・デイヴィス選手 ドイツのブンデスリーガ FCバイエルン 19歳で俊足の注目の選手 息子も一押ししています!

 

息子の世界より・・

今、一押しの選手は、ブンデスリーガのFCバイエルン 19歳のアフフォンゾ・デイビス、俊足の選手だそうです。

下記の動画をご覧ください!

 

アルフォンソ・デイヴィス(Alphonso Davies,2000年11月2日 – )は、ガーナブドゥブラム出身のカナダ国籍のサッカー選手ブンデスリーガFCバイエルン・ミュンヘン所属。カナダ代表。ポジションはフォワードディフェンダー

2017年6月、カナダ代表史上最年少デビューを果たした[2]。2017年、CONCACAFゴールドカップガイアナ代表戦で2得点を記録したが、これはカナダ代表とゴールドカップの史上最年少得点となり、2000年代生まれの選手でA代表の大会で初めてゴール挙げた選手になった[3]

デイヴィスは、ガーナにある難民キャンプのブドゥブラムで、リベリア人の両親の間に生まれた[36]。デイヴィスの両親は、リベリア内戦で故郷から逃れ、難民キャンプで生活していた[37]。デイヴィスが5歳の時に、カナダウィンザーに難民として移り、1年後にはエドモントンに移住した[2]。2017年6月6日に正式にカナダ国籍を取得した[27]

出典:ウィキペディア アルフォンソ・デイヴィス

 

ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、フランス どこのサッカーがいい?

 

息子が言っていたことをシェアいたしますね・・

サッカーチームでは、ドイツのブンデスリーガ、イギリスのプレミアリーグ、スペインのラ•リーガが面白いそうです。

ドイツのブンデスリーガのよいところは、

  • スタジアムが良い
  • ファンの態度が良い
  • 若い選手を活用している

上記のようです。

イギリスのプレミアリーグのよいところは、強いチームが多いそうです。

スペインのラ•リーガのよいところは、ロングパスが多く、ティキ•タカ系のすばらしいパスが多いところだそうです。

残念ながら、イタリアのセリエA や フランスのリーグ•アンはつまらないそうです。

理由としては、イタリアは、ユベントスばかりが優勝していること、フランスでは、サンジェルマンばかりが強いこと・・だからだそうです。

サッカーに興味がない私ですが、息子が言っていたことをお伝えしました!

 

数年前に書いた、息子のサッカー論評はここ!